ワンルームへの投資

集合住宅

投資する時の注意

ワンルームマンション投資はマンションを一棟購入して運用する投資方法と違って、一つの部屋を購入して運用する不動産投資です。ワンルームマンションへの投資は比較的に低い投資新で始められます。そのためローンを組んで購入する場合にも借入金が少なく済むので、融資が受けられやすいのとリスクも低めです。一棟を購入して投資する場合と比べて低資金で始められるメリットはあるものの別のリスクが出てきます。そのためワンルームマンション投資をする時は入居者の審査はより慎重に行う必要があります。またワンルームの部屋を購入して実際に運用を始めた後に売却した場合には特別な状況でない限り購入時と同じ金額や9割ほどの金額で売却できる事はほとんどありません。そのためある程度長い期間運用する事を前提にワンルームマンション投資を始めるべきです。ワンルームの部屋は3LDKなど広めの部屋と比べると学生や転勤の可能性が高い若い社会人の入居者が多いです。そうなると広めの部屋と比べて入退去の頻度が平均的に高いので、空室になって入居者を募集する頻度も高くなります。空室が出た時に迅速に入居者を探す事で年利を上げる事ができるので、上手く集客できない時は管理会社に業務委託をして集客してもらうのもワンルームマンション投資を成功させる一つの方法です。また管理会社を選ぶときは、家賃保証などのサービスを行っているところに頼むのがいいでしょう。それによって入居者が家賃を滞納したときも、収入を安定させることができます。

つみき

ネットで魅力的に掲載

世界で注目を集めているairbnbは、競争が激化している現代において、いかに宿泊者に魅力的に見える部屋を提供出来るかが重要な要素の一つとなっています。そこでインターネットへ掲載する写真からぺージ作りまでプロの代行会社へ依頼し、魅力的なページ作りをしてみてはいかがでしょうか。

男性

成果に直結します

不動産投資を行っている中で、賃貸管理を委託する不動産会社について、見直しをしたことがなければ、すぐいにでも見直しをしてみましょう。賃貸管理の委託先を変えて間もないうちに入居者が決まるという例は少なくありません。

貯金箱

マンション経営をより楽に

マンション経営を行うと長期に利益が期待できますが、入居者を募集したり、家賃の集金など様々な管理業務も必要です。空室のリスクを抑えたい、管理業務をより簡単にしたいのであればサブリースの利用も考えてみてはいかがでしょうか。